【レイキ】縛られていたものから解き放たれ大浄化となりました


レイキヒーラー養成講座レベル2 30代女性

昨日のレベル2の時、自分のブロックを外すヒーリングを練習しました。

ヒプノセラピスト養成講座最後に、短くヒプノセラピーをしてもらった時に自分の中での「怖さ」が生まれたきっかけの場面が出てきました。何故今まで自分を表現したり、Noと言われたりするのが怖くて仕方なかったのか、腑に落ちました。その時、色々な場面が出てきましたが、まず、始めに、自分が幼稚園の行事に母よりいとこと行きたいと言い、お母さんを泣かせてしまった場面。「自分はお母さんを悲しませてしまった。悲しませてはいけない。」そう思うようになったみたいです。

次の場面は、一年生の時に、私が男の子のお腹を蹴って泣かせて、担任の先生にみんなの前でひどく叱られます。言葉だけでなく、腕や身体をひっぱられたりして、すごく怖かった…。学校でも怖くて有名な先生で、高学年を主に担任していたのに何故一年生?と母親達が言ってたのを覚えています。

この怖い、悲しい出来事を自分が悪いから話したらお母さんが悲しむ、私が辛いのを見せたら、お母さんが悲しむと思って、話せませんでした。その時の恐怖や怖さをずっと引きずって今まで生きていたのでした。そうゆう気持ちを誰にも話したり見せたりせずに来ました。

親もですが、先生って子供には大きな存在なので、先生の一言が良くも悪くも一生を左右する場合もあります。すごい大解放、大浄化でした。

20数年、縛られてたものから、解き放たれました本当にスッキリし、軽くなりました。

 

動画番組でもレイキについてのお話をしています。良かったら引き続きご覧下さいネ。

 

さらに詳しく知りたい方は

 

マスター紹介

春菜(わかな)

春菜(わかな)

雷恵(らいけい)

雷恵(らいけい)


ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話050‐3136-3827

お問合せフォームはこちら

御問合せ・御予約はこちら

ページトップへ
ページトップへ