願望実現コース


自分の想いを現実化へのエネルギーへと変換していく!

願望実現コース「自分の目標を実現したい」「憧れの自分になりたい」「自分のクセを直して人から好かれる自分になりたい」を叶える願望実現コース。

「〇〇な自分になりたい」と思っていても、多くの場合は無意識の中で「どうせ私なんて」とか「それは不可能だから」というようなイメージを持ってしまっています。でも、マイナスに働くイメージを解放すると、驚くほど願いは叶っていくんです!

本当の自分はどう思っているのか、本当の自分はどんなことができるのか、何をしたいのかということを、意識のコアにアクセスして確かめることにより、自己肯定感が増し、本来の才能が溢れるように変化していきます!

思い通りの自分、思い通りの人生を実現させたいと願う全ての女性へ

こんな悩みを抱えているあなただからこそ変われるのです

自信のなさや、失敗への怖れで、前向きにチャレンジできない。
・引き寄せ本を読んでも、引き寄せセミナーに行っても全く効果がない。
・自分の個性や才能がよくわからず、自分ができることもよくわからない。

・成功体験を積み重ねるといいと言われるが、失敗体験のトラウマから抜けられない。
・努力しても報われないと思う。人からは見下されている気がする。自分の価値が分からない。

 自信に満ちた個性あふれるセルフイメージを持てばこんなにも変われるんです!

・自信ができるから、多少の苦難にはビクともしなくなる。
・悩みや不安が減り、楽しさやワクワクが増えてくる。
・自信に満ちた個性や才能が発揮されてくるから、なりたい自分に必要な機会・縁・情報などが入ってきやすくなる。
・必要なタイミングで必要なことがおこるようになる。
・不要なものは意識から外し、必要なものを捉える能力が身についてくる。

思い通りの自分になり自己実現していくためのエッセンスを凝縮した5回セッション

本当の自分を知り、才能豊かな自分が開花していることをセルフイメージに落とし込めた方の現実が変わるのは当然!このコースは、日頃から潜在意識の世界を扱っているセラピストが経験と知識とノウハウと凝縮して独自のカリキュラムを築き上げたのだから、結果が出るのです。結果を出す秘訣は「現実を変える3つのスパイラルの上昇」です。

・マイナスエネルギーの解放(癒し)
あなたの女性性を阻害したり抑圧している、マイナスエネルギーを解放していきます。

・ピュアなあなたを思い出す(気づき)
あなたの個性、あなたの魅力、あなたの才能、こういったものを自分で感じ取り気付く力を取り戻すことで、あなたの本来の女性性を開花させやすくなります。

・宇宙エネルギーとシンクロ(解放)
本来の自分で本来の輝きを放つと、宇宙エネルギーとのシンクロ(同期)が始まります。結果的に願ったもの、同質のもの、あなたのステージ相応しいことが現実化します。

こんな方におすすめ

・否定が多い自分を脱却し、自分の個性や才能を活かせるようになりたい。
・嫌われないために人に気を使うのではなく、自信をもっている自分になって人から好かれたい。
・無難に生きるのではなく、個性を活かして生きたい。

・努力に比例して結果がやってくるのではなく、努力にレバレッジがかかった結果になる引き寄せを体験したい。
・これまでの自分を脱却し、自分をどれだけ高めて人生を楽しんで生きられるかチャレンジしたい。

願望実現コースカリキュラム 全5回(2時間×5コマ)の流れ

全5回で意識変革が起こり、現実が良い方向にどんどん回りだしていきます。

1回目

現状リーディングと不要パターンの解放
①透視リーディングとチャネリングによりあなたの意識のコアにアプローチし、女性性を抑圧している不要パターンを探っていきます。
②ヒプノセラピー(催眠療法)を応用したイメージセラピーを使って、女性性を抑圧している不要パターンを意識の中で解放し、女性性が開花し始めるためのエネルギーフィールドを作っていきます。

2回目

本当の自分に繋がるワーク
①あなたの意識のコアに眠っているあなたが本来持っている「女性性の感覚」に繋がります。
②あなた自身が自分の女性性の感覚をもっと理解し、自分を好きになり、自分にどんどん「許可」を出し、不要な制限を解放する感覚を目覚めさせます。

3回目

イメージを現実化するためのビジュアライゼーション1
①あなたの女性性が開花されたとき、あなたがどんな風に変わっているのかをよりリアルに意識のコアにインプットしていきます。
女性性で生きるあなたをイメージしながら、意識のコア・日常の言動・現実面での統合を感覚を養っていきます。

4回目

イメージを現実化するためのビジュアライゼーション2
あなたの女性性の感覚を抑圧しているものと向き合います。向き合うことにより、その抑圧とどのように付き合えば共存し、プラスの方向に転換できるのかのワークを行います
②あなたの女性性を開花しながら、自分に最大の許可を出すためのビジュアライゼーションを行っていきます。

5回目

 統合セッション
あなたの女性性が開花したとき、宇宙意識が味方になってくれば、引き寄せ力は確実にアップします。そのために宇宙意識と融合し一体化する感覚を目覚めさせる練習をします。
②あなたの女性としての引き寄せ力をよりピュアなものにしていくために、女性性を高める感覚の練習をします。

 

体験談 40代 女性

春菜先生がいつも笑いながら言っていたこと。それは、「感覚で捉えてますか?頭で考えるなら、本もテキストも読まないでくださいねー(笑)」です。

私に必要なのは「感覚で捉えること」だけでした。そして、その「感覚」をものすごく鍛えられた気がします。これまで引き寄せのセミナーに行ったり、成功哲学の勉強もしていたので「願望実現」のことは知っていたのに、実際、コースを受けていると、「知識」も頭で考える作業こそが無駄ということに気づきました。

通常のセミナーだったりすると、こういった個人の感覚を見極めアドバイスしてくれる講師の先生はいません。その点、マンツーマンで「感覚」と「実践」中心で指導していただけたので、願望実現ってどういう感じなのかが分かるようになりました。

実際に、自分のセルフイメージに対しても、マイナスイメージを消去したり、プラスイメージを追加したりできるようになりました。「絶対この現実じゃなきゃイヤ!」というような執着癖も手放せたおかげで、現実を無理矢理コントロールするというのではなく、自然な流れに乗りながら目的地まで自動操縦する感覚もわかるようになりました。

この感覚が分かったからこそ、心地よく安心して、日々を送られるようになったと思います。目的を定めて、自動操縦に設定する方法、いいですね。

Q&A

Q.願望実現コースでは、自分の性格を変えることもできるのですか?
A.性格が変わるわけではなく、ピュアな自分を思い出し、ピュアな自分で自己表現できるようになると、感触として性格が変わったように感じることもあります。これは、単に本来の自分を思い出したに過ぎないので、「本来の自分に戻った」という表現の方がふさわしいと思います。「本来の自分」こそが才能であり個性なので、想いを実現しやすくなります。

Q.願望実現と引き寄せは同じですか?
A.当コースでは同じ定義にしています。不要なエネルギーを取り除き、ピュアな自分を思い出し、自分の才能を開花すれば、宇宙とのシンクロ(同期)が始まっていきます。その過程で「想い」がエネルギーとなり、その「想い」が現実化しやすくなる傾向にあるのが宇宙法則です。ただ、この法則は「エゴ」や「顕在意識上の利己的な欲求」には働きにくいので、私利私欲の目的の方はご遠慮いただいた方がいいかもしれません。

Q.このコースを受講するのに、チャネリングやレイキが出来た方が結果は出やすいですか?
A.確率的には、結果は出やすくなりますが、実際に願望実現の法則を使っていくには、マイナスに働くエネルギーの解放が必要不可欠です。仮に、チャネリングとレイキができたとしても、ご本人の思考に「恐れ」「不安」「執着」「怒り」などが多ければ、それがエネルギーとしてマイナスに働きやすくなります。逆に、チャネリングやレイキができなくても、ご本人の思考が「信頼」「安心」「手放し」「思いやり」などで満たされていれば、そちらの方が願望実現しやすくなります。

 

代表 吉田春菜(わかな)からのメッセージ

9.21-55 (1)

自分の想いを現実化するという、「明日、100万円が欲しい!」と思ったら目の前に100万円が現れる!というような想像をされる方もいらっしゃるかもしれまえんが、残念ながらそういうことではありません。

しかし、私たち誰もが自分自身の中に「小宇宙」という領域が存在し、そこに映し出されるものは「大宇宙」との同期が始まり実現するという原理があるのです。宇宙エネルギーは5次元の世界、空間も時間も越えてしまう波動の世界です。

だから、あなたがあなたの小宇宙と繋がり、想いを小宇宙に反映させることができたのなら、あなたの想いは叶っていくというのは本当なのですよ。それは、まさしく波動の世界。あれこれと頭で論理的に考えたり常識的な努力や準備などは全く関係のない世界なのです。

このコースはあなたがあなたの本当の想いに辿り着き、見えない世界のサポートを味方にするためにあります。

無限大の可能性が広がるあなたの小宇宙に繋がり、実現していくパワーを手に入れてくださいネ。

 


ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話050‐3136-3827

お問合せフォームはこちら

御問合せ・御予約はこちら

ページトップへ
ページトップへ